ローリング式脱毛器

本体価格の安さと、使い方の簡単さで高い需要

家庭用脱毛器の中でローリング式と呼ばれるタイプは、おそらく一番最初に登場した方式でしょう。
これはモーターを回転させてムダ毛をからめ取り、引き抜くというもので、要は電動の毛抜きのようなものです。家庭用脱毛器も光脱毛の時代に入ったことを考えると、とても原始的な方式ですが、しかし実際の市場では、ローリング式はまだまだ高い需要があります。そして、メーカーもそうしたニーズを背景に、新しい技術を導入した新製品を定期的に発表しています。一見時代遅れに思われますが、実は市場が活発なタイプなのですね。

 

bath

高い需要の理由は、本体価格の安さと、そして使い方の簡易さにあると思われます。価格は、安いものは3千円以下で購入できますし、最上位の機種でも2万円ほどです。消耗品がないのも強みですね。そして使い方は、スイッチを入れてヘッド部分を肌にあてるだけ。とても簡単です。
光脱毛の脱毛器は、脱毛効果ということを考えると、かなり理想的な方式なのですが、一方で、本体価格がかなり高額だったり、使用する際には出力調整や安全対策を行わないといけないなど、手軽に脱毛したい方には扱いが面倒です。
少し消極的に聞こえますが、脱毛にお金や時間や手間をかけるのは億劫だけれど、ある程度は脱毛効果を継続させたいというニーズには、ローリング式の脱毛器はよく応えてくれるタイプといえます。

 

とにかく毛をからめて引っ張るだけだった昔の脱毛器と違い、現在発売されている機種は細い毛や短い毛など、かなり多様な種類のムダ毛に対応するヘッドが搭載されています。また、お風呂で使えるように防水加工された製品もあります。お風呂で脱毛すると後始末が楽ですし、またお湯で肌が柔軟になっているため、ムダ毛を抜くときの負荷を軽減することができるというメリットもあります。

 

このようにさまざまな工夫がされているローリング式ですが、ムダ毛を抜くという処理方法は、どうしても肌にダメージが蓄積することも認識しましょう。痛みがなくきれいに処理できても、繰り返すうちに肌は見えないところで傷んでしまいますから、頻繁な使用はひかえた方がよいでしょう。